メンズシャンプーのおすすめ商品をご紹介!

その他 メンズシャンプーの基礎知識

石鹼シャンプーってオススメ??

シャンプーと石鹼は何が違うのかおわかりになりますか?

石鹼は油にアルカリを混ぜて作られるもので天然の成分のみでつくられているので環境の影響が少なく、肌への刺激も少ないといわれています。石鹼の歴史はとても古く史実ではなんと5,000年前、ローマ時代から使われていたと言われています。

一方、市販のシャンプーの洗浄成分は合成洗剤とも呼ばれており、石油等を原料に科学的に生成されたもので皮膚への残留性が懸念されています。石鹼が5,000年前から使われているのに対して合成洗剤はまだ100年もたっていません。

現在、洗剤と呼ばれるものの多くは合成洗剤を原料としています。少ない量で石鹼よりも汚れが落ちる事から手軽さが消費者に好評で急速にシェアを拡大してきました。

合成洗剤は皮膚への残留性の他にも環境への影響も問題視されています。合成洗剤は構造が複雑なため、下水から流れてた後に分解されるのに長い年月がかかるといわれているため、海の生物にも影響が懸念されています。

 

もちろん全ての合成洗剤が悪いというわけではありません。最近は石油を原料とするものの他にもアミノ酸を原料としたシャンプーも販売されています。アミノ酸は我々の体を作るたんぱく質の元となる成分。そのアミノ酸を原料に使ったシャンプーは皮膚への刺激が少ないといわれています。

おすすめは石けんシャンプー?一般のシャンプー?

古くからある石鹼ですがシャンプーにも使われています。合成洗剤に比べて内容量がシンプルなので添加物の少ないシャンプーとして一部の方には好評のようです。実際に合成洗剤を使用しているシャンプーの内容を見ると洗浄成分の他にも防腐剤、合成香料、シリコンなど添加物のオンパレードです。添加物で使用感をよくしているので使ってみると汚れ落ちも良くて髪はサラサラ、使いやすいシャンプーと思うでしょう。

ただ実際は強力な洗浄成分やシリコンで質感を良くしているだけ、使い続けることでどんな影響がでるかはわかりません。石鹼シャンプーの方が皮膚への刺激は少ないといえるでしょう。

では何故石鹼シャンプーは数が少ないのでしょうか?芸能人を使ってコマーシャルを流しているシャンプーの殆どは合成洗剤が主原料、石けんシャンプーがCMで流れる事はまずありません。価格はそこまだ大差はないのに何故でしょうか?

 

答えは使用感。石鹼で体を洗った事はあるかと思います。肌がキュッキュッとしませんか?それが石鹼の使用感なのですがそのキュキュッとしたので髪を洗うとどうなるでしょう?もちろんきしみますよね。それもハンパなくきしみます。

きしむ理由は石鹼はアルカリ性で髪の毛は弱酸性だから。石鹼で髪の毛を洗うと髪の毛のキューティクルが開いてしまいます。キューティクルとは髪の表面を保護しているもの。髪の毛が艶々したりサラサラなのはこのキューティクルが保護してくれているからです。そんなキューティクルが開いてしまうと髪の毛はゴワゴワ、キシキシしてしまいそのまま放置すると髪の毛はとんでもない事になってしまいヘアセットやスタイリングどころではなくなってしまいます。

そんなきしみを解消するには石鹼シャンプーをしたあとはリンスを行うこと。それも通常のリンスではダメで、アルカリ性になってしまった髪の毛を酸性に戻す必要があります。「酢リンス」と呼ばれるもので石鹼シャンプー専用の酸性のリンスを塗布します。長時間つけたままにする必要はありません。

実は水で酢酸を薄めたものでも、髪の毛をアルカリ性を酸性に戻す事は可能なのですが、高価な物ではないので購入するのがおすすめです。ちなみにこの酢リンス、舐めてみるとちゃんと酸っぱいです。もちろん食べ物ではないので口にする事は止めてください。

 

このように石鹼シャンプーは扱いが難しいのが難点。きちんと酢リンスを行わなければ特に女性はヘアセット出来る状態ではない髪になってしまいます。石鹼シャンプーがおすすめなのは短髪の男性にはおすすめのシャンプーと言えるでしょう。坊主ヘアなどだったらスタイリングをそこまで気にしなくて良いので添加物の少ない石鹼シャンプーがおすすめと言えます。

ちなみに石鹼は固形石鹸とカリ石鹼の二つに大別されます。固形石鹼が固まった状態の石鹼にたいしてカリ石鹼は液状。シャンプーに使われる石鹼はカリ石鹼を使用したものになります。固形石鹸は脂に水酸化ナトリウムを加えて作りますが、カリ石鹼は水酸化カリウムを加えて作られます。

 

メンズシャンプーで石鹼を使っておすすめなのは?

そんな石鹼シャンプーですが種類が少ないのですがおすすめのシャンプーをご紹介します。通常の合成洗剤を使ったシャンプーだとかゆみが出るなど「合わないな」と感じたら使ってみる事をおすすめします。

無添加せっけんシャンプー

 

無添加せっけんシャンプーはミヨシが販売するシャンプーで、原料はカリ石鹼素地と水だけというシンプルさ。シャンプーというよりも液体石鹼と言えるでしょう。添加物ゼロなので環境にはとても優しいといえますが使い勝手は前述のとおり、髪が長い方はすすぐのも大変なほどきしんでしまうでしょう。酢リンスは必須と言えます。

アレッポの石鹼

オーガニック系のお店で見かける事の多い固形石鹸です。オリーブオイル、ローレルオイルが原料でできており100%天然成分で出来ているのでこれ1個で体から頭まで洗えるという事で全身をアレッポの石鹼で洗う方もいらっしゃるようです。

髪の洗い心地は他の石鹼シャンプーと変わりはありませんがオリーブオイルやローレルオイルは不飽和脂肪酸がとても多く含まれているので保湿効果は高そうです。短髪の方にはおすすめかもしれませんね。

ちのしお 男のせっけんシャンプー

ちのしおは古くからせっけんを製造、販売している会社でそのせっけんを使ったシャンプーが男のせっけんシャンプーです。「全身洗える」「短髪専用」とパッケージに書いており使用感は想像できますね。しかもこの商品、リンスが無いんです。リンスをして下さいとも記載されていないので本当に短髪専用として販売されています。短髪というよりも坊主頭の方でないと使うのは難しいでしょう。長髪の方が使用する場合は別にせっけんシャンプー用のリンスを購入しなければいけません。

メントールが配合されていたりと使用感も考慮してはいるので、爽快感を感じる事は出来るでしょう。個人的にはボディシャンプーとして使うのをおすすめします。スッキリ体全体を洗えます。

メンズシャンプーでも石鹼は扱いが難しい

今回ご紹介させて頂いたせっけんシャンプーですがその使用感はおわかり頂けたろ思います。ハッキリ言ってしまうと使いづらいです。ヘアセットにこだわる方やロングヘアの女性にはおすすめしません。頭皮への刺激は強くはないですが、髪の毛が理想的な状態になるかというと疑問はあります。

さらに石鹼の脂肪分解力は決して低くないので乾燥肌の方が使うとより頭皮の乾燥を促進させてしまうので注意が必要です。

オーガニックの石鹼もあるので環境を考慮すれば石鹼は確かによいものではありますが、最近はアミノ酸シャンプーも種類が多く販売されています。どっちがオススメと聞かれたら自分はアミノ酸シャンプーと答えるでしょう。使うにはある程度の覚悟をもって使う必要がある、せっけんシャンプーはそんなシャンプーだと思います。

  • この記事を書いた人
そうすけ

そうすけ

30代の会社員です。 スキンケア、ヘアケアアイテムを使って「清潔感」のある男を目指しています。実際に使用したメンズケアアイテムを紹介していきます。

-その他, メンズシャンプーの基礎知識

Copyright© 【メンズシャンプー】人気おすすめランキング! , 2019 All Rights Reserved.